FX業者比較ランキング

中級~上級者トレーダー

初心者でもわかるFXとは?

最近、主婦やサラリーマンにFX取引が人気があります。テレビ番組やニュースでもFXが取り上げられ、FXって何って思っている方もいると思います。

FXは外国為替証拠金取引のことです。よくバイナリーオプション取引と間違えている方も多いと聞きますが、簡単に言えば為替取引です。難しそうと感じる方もいますが、通貨が上がるか下がるか予想して取引するだけですから簡単とも言えます。

株取引をしている方がいますが、株取引は、銘柄選びに時間がかかります。数多くある銘柄から上がりそうな株を探すのは大変です。

特に忙しいサラリーマンは、仕事がありますから、ゆっくり昼間に株取引などできません。

その点、FXは24時間、取引ができます。為替は24時間動いていますから、サラリーマンが帰宅後に取引することもできるのです。

22時以降や深夜でも為替は動いていますから、取引できるチャンスはあります。

朝、仕事に行く前に取引をしているサラリーマンもいるぐらいです。FX取引は、土日以外の24時間、いつでも好きな時に取引できる点が魅力です。

株のように銘柄を探す必要もなく、ドル円やユーロ円、ユーロドルと好きな通貨ペアを選ぶことができます。これからFXの取引をはじめたいと考えている方には、ドル円の通貨ペアがおすすめです。

情報量も多く、日本人に馴染みのある通貨ペアです。ニュースでも毎日、ドル円の相場状況を見聞きします。このようなメリット以外にも他にも魅力があります。

投資はお金持ちがやるイメージがありますが、バイナリーオプションなどの有名なFXでは少ない資金ではじめることができます。レバレッジを効かせることができますから、小額資金で大きなリターンを狙うことができます。

1万円以下で取引をはじめることもできます。1000通貨単位取引ができるFX業者も増えています。初心者の方には1000通貨単位からはじめるのがおすすめです。

ドル円が1円動いても1000円の利益にしかなりませんが、損失が出た場合でも1000円の損失となります。損失を抑えて取引をするなら1000通貨単位がおすすめです。取引になれたら取引量を増やすこともできます。

1000通貨単位取引は、儲けが少なく満足できないという方もいますが、ランチ代やおやつ代にはなります。サラリーマンや主婦が月に2万や3万円のお小遣いを稼いでいる方がたくさんいます。

なかには、生活費や月に100万円以上稼いでいるトレーダーもいますが、初心者の方には、難しく感じますから、お小遣いを稼ぐことからはじめてみるのがいいと思います。

最近は、お小遣いが少ないと嘆いているサラリーマンも多くいますが、お小遣いをFX取引で少しだけ増やすこともできます。

最近注目を集めている土地活用方法があります。

それは駐車場投資です。

つまり、使っていない土地を購入し、駐車場を経営してそこから収益を上げようとする投資を指します。では、なぜこれほど多くの人が駐車場投資に興味を持っているのでしょうか。今日は駐車場投資のメリットとデメリットについて記したいと思います。
まず最初のメリットは駐車場投資は初期投資が少なくて済むということです。特に平面駐車場の場合にはほとんど初期投資はかかりません。もちろん、立体駐車場にする場合にはそれなりに初期投資がかかります。とはいえ、何か建物を建てたりするよりははるかに初期投資を抑えることができるので、自己資金がそれほどない場合でも始めやすい投資と言えます。
次にとりあげるメリットは土地の転用や更地へ復帰しやすいということです。アパートやマンション、さらには店舗などに土地を活用している場合には借地借家法が適用されますので、住んでいる人を退去させたりするのが難しいですし、他の用途への転用が難しくなります。しかし、駐車場は借地借家法の適用外になります。つまり、他の用途への転用がしやすいのです。例えば、駐車場への投資を行った後でさらに条件の良い売却話があった場合にはすぐにその土地を売却することもできます。それで、駐車場として投資しておきつつ、収入を得ながら、今後様々な用途へ転用できる選択肢を残すことができるのが駐車場投資のメリットです。
最後に挙げるメリットは立地を問わないということです。ここで言う立地とは駅の近くなどのことを指します。アパートやマンション、店舗などは立地の良さが非常に重要な要素となります。それで、立地が悪い土地の場合にはアパートやマンションは建てても収益を上げるのが難しいですが、駐車場の場合はそれとは違います。住宅地の中、いわゆる立地が悪いところでも駐車場としての需要があります。このように例え駅から遠い土地であってもニーズがあるのです。
では、駐車場投資にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。デメリットの一つとしてあげることができるのは、税制上の優遇を受けることができないということです。例えば、固定資産是については更地での評価となります。ですので、住宅用地と違い固定資産税が高くなってしまいます。また、所得税についても平面駐車場は減価償却費がありません。それで、所得税の負担も大きくなってしまいます。このように税制上のメリットがないということがデメリットといえます。