FX業者比較ランキング

中級~上級者トレーダー

分析各種(テクニカル・ファンダメンタル)

ファンダメンタル分析とテクニカル分析について

投資する銘柄を選ぶ方法

FX海外で投資する銘柄を選ぶ際によく使われる方法が「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」の2つです。

「ファンダメンタル分析」「テクニカル分析」そんな風に唐突にいわれても、一体何のことだかさっぱり分からない!と戸惑う方もいると思いますので、それぞれについて【長所】と【短所】をご説明しましょう。

詳細についてはこの後のページ([銘柄選定:ファンダメンタル分析]と[銘柄選定:テクニカル分析])で触れますので(特にテクニカル分析はいろいろる)、ここでは大まかな説明にとどめます。

ファンダメンタル分析

これから投資を行おうとするわけですから、当然その企業の売上や利益などが気になりチェックされることと思います。簡単に言ってしまえば、企業の業績や財務状況などを分析すること、それが「ファンダメンタル分析」です。

ファンダメンタル分析を行うためには「会社四季報」やテレビや新聞・インターネットから知ることのできる「ニュース」が利用できます。海外の企業であってもXEMarketsなどはかなりの情報をコンプライアンスのために開示しているのでファンダメンタル的には十分すぎる情報にアクセスすることができるようになっています。

【長所】

現在の業績、財務状況などから今後の成長力が読み取りやすいため、その企業の3年先後や5年後、あるいは10年後といった長期的な分析が可能です。

したがって長い目で考え、長期間株券を保有するつもりであれば、この分析法を利用しない手はないでしょう。

【短所】

今すぐに結果を求めるような短期的な分析には向きません。その企業の持つ成長力を予測する訳ですので、その分析結果が正しかったのか、またはそうでなかったのかがはっきりするまでにはかなり長い時間(3年・5年・10年)を必要とし、資金効率も悪くなります。

テクニカル分析

FXの買い時や売り時を株価の値動きから判断する分析方がテクニカル分析です。

これまでの株価の動きを利用する経験則ととらえても良いでしょう。

MT4で表示されるローソク足のチャートの使用により、将来の為替レートの動きの予測が可能となります。

一つ例を挙げますと、値動きが10年前、5年前と同じような銘柄があったとします。ではその銘柄のこの先の値動きは?と考えると、おそらく5年前、10年前と似た値動きをするであろうと、予測ができる訳です。

テクニカル分析には「株価チャート」が利用されます。

【長所】
買い時、売り時の判断はチャートをもとにした計算結果や経験則によるものなので、自身の思惑などを排除することができますし、短期的な分析に向いています。

【短所】
逆に言えば機械的な分析であるが故、倒産や悪いニュース等の不測の事態は予測が不可能ですし、また分析が必ずしも当るとは言い切れません。